2017.08.13 Event #018

【東京都 DIAGONAL RUN TOKYO】8月18日(金) 多地域連携開催!「多拠点居住推進会議」


LIFE SHIFT―100年の人生を1つの仕事で生き抜けるのか

豊富な知識や経験、高度な技術を武器に、様々なフィールドで活躍する。そんなヒーローのような社会人(デキる部長や先行くデザイナー、頭の切れるコンサルタントなど)に憧れていた人もいるのではないかと思います。実際に社会に出てみて、どこかの部署の人が凄いという噂を聞いたり、あるいは社内でそういう話を聞くことも全然なく、雑誌やWebでかっこよく経験談を披露しているヒーローを見かけたりして、そんなのは遠い話、自分は今目の前にしている業界で今の仕事を淡々と続けるしかないとしみじみしている人もいるかもしれません。1つのことをとことん愚直にやり続けるというのもかっこいいとは思いますが、なんとなくもやもやしたものを抱えながらは働きたくないものです。

リンダ・グラットン, アンドリュー・スコット著「LIFE SHIFT」では、これから人間の寿命がどんどん延びて、今の若い人の多くが100歳を超えてしまい、これまでの約80年の人生設計、つまり成人までの20年の「教育」、成人から定年までの40年の「仕事」(これが生産人口)、定年以降の20年の「老後」という時間構成が成り立たなくなってしまうと言っています。だから、人生100年を40年の収入で支えるのではなく、生涯(少なくとも20年プラスして60年)仕事をしていこう、そのためには生涯を通じてどんどん新しい知識や技術を身に着けて、柔軟に仕事やライフスタイルを変えて「LIFE SHIFT」しなきゃね、というわけです。

ヒーローはあきらめられるかもしれませんが「今目の前にしている業界で今の仕事を淡々と続けるしかない」と思って60年働き続けるのは辛いですよね。しかも1つの技術・知識また業界で80年分の収入を得て食べていくというのは現実的なのでしょうか?


暮らす場所・暮らし方も変えていく

仕事もしかり、暮らす場所や生き方も、100年間一辺倒で済むわけがないというのは3.11の経験からも思い至るところです。筆者は両親が東京ルーツで田舎らしい田舎を持っていなかったので、東京で何かあったら路頭に迷う状態でした。今は福井に縁ができて、東京で何かあったら親類や知人を福井に呼び寄せることもでき、また全国に知り合いもできたので、何かあって福井にいられなくなっても拾ってくれる人はいるかなあと思っています。

様々な生活様式に慣れることも含め、日頃から様々な地域に関わっていれば、社会や地域の変動に対するリスク分散にもなります。LIFE SHIFTの言う、仕事を変えたり、そのたびに技術・知識習得をし続けるのと同じで、暮らす場所や暮らし方の変化にも慣れていれば、長い100年の寿命に飽きたり絶望してしまったりせずに前向きに生きていくことができるでしょう。あるいは、様々な地域と関わること自体が知識や経験となり、仕事に繋がることもあるかもしれません。


個人の多様化・流動化を受け入れる組織や地域も必要

LIFE SHIFTの言う仕事の多様性や、暮らす場所・暮らし方の多様性を実現するためには、まずは一人ひとりの意思や行動が大前提ですが、それとともに多様な生き方を受け入れる・応援する社会であるかどうかも重要です。戦後の日本は一億総中流時代の到来で「みんなだいたいおんなじ」そして「経済は右肩上がり」に慣れすぎてしまい、これを前提にした制度や組織や地域の形に凝り固まってしまったところがあります。いろいろな形をもつライフスタイル志向があっても、きっちり真四角で仕切られた社会の枠に無理やりねじ込めばやっぱり真四角にならざるを得ないか、枠からはみ出てしまうということです。

特にプレイヤー不足の危機が迫る地方は、「みんなおんなじ」「右肩上がり」の幻想をとっぱらって多様な価値観やスタイルを柔軟に受け入れて行く必要がありますが、そのためにはどんなことをしたらいいのか、どんなことが求められているのか、地方側が時代のニーズや流れをつかむ必要があります。

まずは知ろう、言葉にしよう、話し合おう

一人ひとりは仕事も暮らしも考えなくてはいけない。社会も変わっていかなければならない。LIFE SHIFTの世界の実現はなかなか前途多難です。それぞれの立場の人が「みんなどうかな?こうかな?」と一人で机に向かって悩んでも解決は難しそう。

多拠点居住推進会議は、地方側の人、個人、民間団体等、様々な立場の人たちが情報を出し合い、個々で考え進めることができなかったことを前進させる試みです。まずは知らないことを知ること、そして似た立場や異なる立場同士が言葉を交わして知らせることが第一歩。一方的に話をする・聞くのではなく、「大きな会議」というイメージで疑問や意見を投げ合える場になるといいなあと思います。ぜひ参加してみてください。


イベント概要

多拠点居住推進会議特設サイトはこちら

◆日時
平成29年8月18日(金) 19:00~21:30(開場・受付開始18:30)

◆プログラム
・イベント主旨説明
・多拠点居住推進公開会議
・交流会(軽食あり)
※変更する可能性があります

◆参加費
お一人様2,000円
※軽食代を含みます。
※Peatixページからの事前のお支払いとなります。会場でのお支払いができませんので、予めご了承ください。
http://peatix.com/event/285888/

◆会場
DIAGONAL RUN TOKYO

◆アクセス
東京都中央区八重洲2-8-7福岡ビル4F
・JR東京駅 徒歩約6分
・JR有楽町駅 徒歩約7分
・東京メトロ銀座線 京橋駅 徒歩約3分
・東京メトロ有楽町線 銀座1丁目駅 徒歩約4分
地図はこちら

◆協力
岡山県瀬戸内市
福井県南越前町
DIAGONAL RUN TOKYO
cokowill

◆企画運営
流動創生運営チーム
・Takshif 荒木 幸子
・shinonome creation 山岸 竜也

Recent Posts

  • New
    #018
    2017.08.13
    【東京都 DIAGONAL RUN TOKYO】8月18日(金) 多地域連携開催!「多拠点居住推進会議」
  • #017
    2017.07.05
    【福井県南越前町】7月15日(土)~17日(月祝)開講! StopOver18 多拠点実習初級編~自作キャンピングカー試乗会
  • #016
    2017.05.26
    6月7日(水)BETTARA STAND日本橋トークイベント”「流動創生」こうして僕らは旅を生きる。”
  • #015
    2017.02.14
    3月11日(土)東京開催 流動創生CrossOver 都市と地方と地方を巡る多拠点・旅暮らし・流動型ライフスタイルの提案
  • #014
    2017.02.03
    【福井県南越前町】2月11日~12日開催!StopOver16「旅する暮らし方 ~移動式住居で小商い~」
  • #013
    2016.12.27
    【福井県南越前町】1月4日~31日開催!StopOver15 冬の生業・杜氏体験
  • #012
    2016.11.07
    【福井県南越前町】11/8~11/30 滞在型生業創出ツアーStopOver13 秋の素材で小商い
  • #011
    2016.09.13
    “旅の町”で1日限定たびごはん!「StopOver12宿場で出店 古民家DELI」
  • #010
    2016.08.03
    RoundTrip2016秋 受入地域紹介
  • #009
    2016.07.22
    応募受付終了しました【福井県南越前町】9/17~9/30 ワゴンに乗って全国巡業!「RoundTrip2016秋」搭乗者募集