2018.11.07 Event #029

移ろう季節とともに生きる。11/21~12/2開催 StopOver27 流動スキルってなんだ?秋冬編

 

Event029_img01

 

里山の暮らしは「動」から「静」へ

田舎は、冬になると活動が沈静化します。
主要産業の最盛期が冬という地域ももちろんあるのですが、一般的には冬野菜より夏野菜のほうが種類・量ともに多いもの。雪の降る地域では畑が雪に覆われるので、土いじりは一度静止せざるを得ません。
畑に祭りに草刈りとやることだらけの動の季節から、雪と寒さを耐え忍ぶ静の季節へ。
自然のそばにあり、環境変化の影響を直に受ける里山には、メリハリのある1年の暮らしが現代にも深く根付いていると言えます。

全員が渡り鳥だと成り立たない

流動的な生き方の一つに「冬は暖かい地域へ、夏は涼しい地域へ」という渡り鳥型があります。避暑地の別荘や、冬のハワイ旅行等も渡り鳥型の一種です。場所を問わない仕事をもっている人にとって、寒さや暑さの環境に煩わされず集中して仕事ができる移動パターンは効率的です。
ただし、地域や社会全体を俯瞰すると、すべて(大多数)の人がそういった暮らしをするのは難しい現実があります。

問題の一つはハードの維持です。
都会のコンクリート造の建物からは想像しにくいですが、地方の古い木造家屋をしばらく空けているといろいろなトラブルが起こります。冬場、水道管が凍結・破裂すると、復旧にお金と手間がかかります。また、夏場や梅雨に家を占めっぱなしにしていると、室内の布類や壁にカビが生えたりもします。

Event029_img02

流動創生は二拠点・多拠点居住を推進していますが、これらの家を長く空けるライフスタイルでは、家を所有(占有)することについては慎重に、と考えています。
家だけでなく、庭や道といった広範囲のハードやインフラにも同じことが言えます。
場所を守る人がいて、場所を行き来できる人がいるということは、社会全体の流動化を考えるにあたって外すことのできない重要な点と言えるでしょう。

動く者・留まる者の理解と協力

各地を飛び回って地域にモノやコトをもたらせる人もいます。地域に留まることによってものづくりや芸術といった価値を生み出せる人もいます。その時々で動く側か留まる側か、スタイルを変化させることもあります。
秋から冬へ向かう時期は、冬眠する熊と渡り鳥のように、動く者と留まる者の立ち位置がくっきりと浮かび上がる季節です。
お互いのスタイルを理解・尊重し、それぞれができることで土の人と風の人が協力していくにはどうすればいいか、流動者が果たす役割は何なのか。

Event029_img03

StopOver27は、豪雪地域の流動創生拠点で、伝統産業のつるし柿や、冬野菜の収穫、建物の防雪「雪囲い」の設置といった冬に向けた仕事を通して、地方の生業を組み込む流動的なライフスタイルを試行・実践します。山々を見下ろす温泉で、静かな茅葺の囲炉裏端で、冬の晴れ間の星空を眺めながら、地域に根差す人々と流動者の協働・共存についてじっくり考えてみましょう。

イベント概要

《日程》
11月21日(水)~12月2日(日)
※途中からの参加や、1日だけの参加も可能です。
※参加費・滞在費は無料です。
※プログラム途中での駅までの送迎も可能です。お気軽にご相談ください。
※上記期間以外でも受け入れは可能です。こちらもお気軽にご相談ください。
StopOver LongStay
【URL】http://solong.strikingly.com/

 

《実施予定》
・伝統的産業「今庄のつるし柿」の見学、製造
・冬野菜の収穫(大根や白菜、ほうれん草など)
・防雪設備「雪囲い」組み立て作業
・冬の星空観測
※各日の具体的なタイムスケジュールは、参加者の皆さんの滞在日や希望を踏まえて適宜検討します。

 

《申込み方法》
① facebookイベントページにて参加ボタンを押してください。
https://www.facebook.com/events/2179368962087397/
② 下記URLより申込フォームを送信お願いします。
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfujtL3eGa1RyixHOkzqGayxOFnRRFrKHMc-t51FYOj8F80Bw/viewform?usp=sf_link
※お申込み締め切り:滞在希望日の3日前

 

《費用》
・宿泊費は無料です。
・食費は購入した食材費分を割り勘。滞在者全員で食事準備となります。また、近くの畑から新鮮野菜を譲ってもらえたりします。
・温泉に行く場合、入湯料1回600円ほどかかります。(車で3分ほど)
・滞在拠点から車で移動する際にかかるガソリン代は基本無料です。

 

《滞在場所》
福井県 南越前町宅良(たくら)地区 流動創生拠点
・布団あります。
・wi-fi使えます。
・水洗トイレ(ウォシュレット付き)あります。
・温泉もありますが家にもお風呂あります。洗濯機もあります。
・車で5分走ればコンビニやスターバックス、15分走ればスーパーやドラッグストアもあるので、必要に応じて買い物はできます。
・シェアカー(軽)が1台ありますので町内の移動にご活用ください。

 

《持ち物》
・滞在日数分の着替え
・洗面道具
・作業用など汚れてもよい服

 

《アクセス》
・電車でお越しの方 JR北陸本線 今庄駅または南条駅
例)東京方面―(東海道新幹線)→米原―(特急または普通)→敦賀(普通)→今庄or南条
例)東京方面―(北陸新幹線)→金沢―(特急または普通)→福井(普通)→今庄or南条
例)大阪方面→米原―(特急または普通)→敦賀―(普通)→今庄or南条
・高速バスでお越しの方 福井駅前下車、電車に乗継→JR今庄駅または南条駅
・車でお越しの方 駐車スペースあります。直接ご相談ください。

 

◆主催・お問い合わせ先◆
南越前町役場 流動創生運営チーム
FlowLife Laboratory代表 荒木 幸子
南越前町地域おこし協力隊 宇野 朱美

Recent Posts

  • #029
    2018.11.07
    移ろう季節とともに生きる。11/21~12/2開催 StopOver27 流動スキルってなんだ?秋冬編
  • #028
    2018.09.21
    人の巡りが地域を豊かにする。9/25(火)~27(木)開催 StopOver25 ピザ屋開店準備編~タイルを貼ろう!~
  • #027
    2018.08.06
    【定員につき募集は締め切りました】「旅する〇〇」精鋭チームで三地域を訪れるライドシェア巡業企画RoundTrip2018、10/6(土)~10(水)開催
  • #026
    2018.07.26
    ※終了しました【福井県南越前町】一夜の踊りが地元の人とよそ者を繋ぐ 8/11(土)~8/19(日)StopOver24 夏合宿2018-多拠点暮らしの知識・技術を身につける1週間-
  • #025
    2018.06.19
    ※終了しました【6/26(火)東京開催】移動とは何か ~FlowLife OpenSeminer01 逍遥と閉塞[人と社会の流動化を考える公開演習]
  • #024
    2018.04.12
    ※満員御礼!終了しました【福井県南越前町】4/28(土)~5/6(日)StopOver23日本どこでもいね週間
  • #023
    2018.02.27
    ※満員御礼!終了しました【東京開催】3月22日(木)トークイベント「流動創生CrossOver 関係人口の分解と再構築」
  • #022
    2018.01.22
    【福井県南越前町】2月10日(土)~12日(月祝)開講 StopOver22 多拠点研修初級編 地域行事実技
  • #021
    2017.10.27
    【福井県南越前町(&岐阜県白川村)】11/10-11/18開催 StopOver20 多拠点研修 晩秋の季節労働実習&週末2拠点はしごキャラバン
  • #020
    2017.09.08
    【福井県南越前町】9月30日(土)~10月1日(日)開講 StopOver19 多拠点研修初級編 地域行事実技@運動会